うつ病かなと感じたらまずは診断してもらおう

うつサポート
悩み

治療方法

ナース

診断結果によってうつ病と言われた場合は、治療を行なうことになります。
この病気の治療方法は、大きく分けて二つあります。それは、薬物療法とカウンセリングを受けることです。
薬物療法は、抗うつ剤といううつ病に対して効果のある薬を飲んだり、精神安定剤や睡眠剤などを飲んだりすることで体の状態を整えていきます。
抗うつ剤の効果は、脳からの神経細胞から発する神経伝達物質を正常に働かせるようにできることです。
一般的には、人の行動は脳からの神経伝達物質によって行動します。ですが、うつ病の人はこの物質の働きが弱いので上手く伝えることができません。
そうなれば、体にとって悪影響ですし、物質の働きを期待できないので上手く体を動かすことができなくなります。
そうなれば、やる気がなくなったり、感情のコントロールができなくなったりします。
こういったことを改善するのは、神経伝達物質の働きを正常にすることが重要です。その効果を期待できるのが、抗うつ剤になります。
精神安定剤や睡眠剤に関しては、医師の判断で処方されます。だから、もし希望するのであれば一度医師に相談してから決めたほうがいいでしょう。

カウンセリングは、病院などに在籍しているカウンセラーと話を行なうことです。
カウンセラーは、人間の心理学などを勉強しているので、良いアドバイスを悩んでいる人に伝えられます。
そうすれば、今まで溜め込んでいたものを吐き出せる場所になりますし、話を聞いてくれるというので気分がすっきりとします。
しかし、カウンセラーと相性が悪いと感じた時は、すぐに他の人へ移ったほうがいいでしょう。
相性の悪いカウンセラーからカウンセリングを受けても、余計に症状が悪化してしまうことがあります。